画家 山本竜基 北京日記


by mag-ryuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

YAMAMOTO Ryuki / 山本竜基

三重県生まれ

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 08月
2013年 10月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

フォロー中のブログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10月4日

上海その3 (上海旅行のつづき)

次の日は上海の芸術区に行ってきました。

b0221204_453810.jpg



















b0221204_4113240.jpg


















こちらは上海で有名なM50という芸術区です。


b0221204_4192996.jpg
























北京の798と同様に、工場跡地に芸術家アトリエやギャラリーがたくさん入っています。
798に比べるとコンパクトなつくりで、清澄白河ギャラリーコンプレックスがたくさん軒を連ねているといった印象でした。


b0221204_533540.jpg


















いろんな展示がありました。


b0221204_5403127.jpg
























鉛筆で丁寧に線を引いている作品。


b0221204_5203236.jpg


















鉛筆で丁寧に塗りこんでいる作品。


b0221204_59533.jpg
























北京にもあるでかいおじさん彫刻。


b0221204_5221319.jpg


















ねこ背の作品。
自分のねこ背を見ているようでした。


b0221204_5362342.jpg


















北京・上海ともに、日本人作品で一番見るのが村上隆さんの版画作品です。


b0221204_615854.jpg


















↑ShanghART Gallery ではダンボールや木材で、あえて作りかけのような作品を展示していました。
この時期このような作品をけっこう見ました。流行っているのかもしれない。


b0221204_624296.jpg


















↑もうひとつある ShanghART Gallery。
ガラクタを使った作品を主に展示していたのですが、会期中に本気の工事をしていて、作品と工事用のガラクタを判別するのがむずかしかったです。


b0221204_2141319.jpg


















↑学生作品展の中の作品。


b0221204_034524.jpg


















↑other gallery はロシア人作家のグループ展でした。


b0221204_0234838.jpg
























レーニンがちょこちょこ出ていました。
中国では毛沢東がアートのアイコンですが、ロシアではレーニンなんだろうか。


b0221204_084836.jpg























b0221204_21173536.jpg


















↑M50には芸術家のアトリエもいろいろなところにありました。


b0221204_237625.jpg


















北京にくらべると狭いですが、インフラはこちらのほうが整っていて生活しやすそうでした。
日本の環境に近いのかもしれません。


b0221204_21213361.jpg


















M50で驚くのは、芸術家がアトリエをギャラリーとしても併用していることです。
作品を所せましと並べ、自ら販売も行っています。

b0221204_21206100.jpg


















↑この時は休憩中でいませんが、芸術家は人がいる中でも黙々と絵を描いていました。

絵を描くことに加え、自ら売り運営していくバイタリティーはすごいなと思いました。

(つづく)
[PR]
by mag-ryuki | 2012-10-04 00:56

10月3日

展覧会のお知らせ

新潟県立万代島美術館でのジパング展に出品いたします。
僕は旧作の「地獄図(山本版)1」(2011)を出品します。
新潟に行かれる機会がありましたら、是非よろしくお願いいたします。



(↓以下情報はミヅマギャラリーホームページより)

ジパング展  新潟県立万代島美術館

新潟県立万代島美術館にて、ディレクターの三潴がキュレーションする展覧会、「ジパング展ー沸騰する日本の現代アートー」が開催されます。
昨年、髙島屋で開催された「ジパング展」を再構成し、新たな作品も多く公開される本展。会期中は参加作家によるトークイベントも多数企画されておりますので、ご期待ください。皆様のご来場お待ちしております!

[展覧会概要】
タイトル:ジパング展-沸騰する日本の現代アート-

会期:2012年10月6日(土)-12月2日(日)
開館時間:午前10時~午後6時(観覧券の販売は閉館30分前までです。)
休館日:10月15日(月)、11月5日(月)、11月19日(月)
会場:新潟県立万代島美術館(新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5階)
観覧料:一般 900円(700円)、大・高校生 700円(500円)
*小・中学生の観覧料は無料です。
*( )内は有料20名以上の団体料金です。
* 障害者手帳・療育手帳をお持ちの方の入場は無料です。受付でご提示願います。

参加作家:会田誠、青山悟、池田学、伊藤遠平、上田順平、O JUN、大畑伸太郎、岡本瑛里、風間サチコ、樫木知子、金子富之、熊澤未来子、鴻池朋子、近藤聡乃、指江昌克、佐藤雅晴、田代裕基、棚田康司、天明屋尚、藤田桃子、町田久美、三瀬夏之介、宮永愛子、森淳一、山口藍、山口晃、山﨑史生、山本太郎、山本竜基、渡邊佳織、チームラボ


〈トークイベント〉
三潴末雄ギャラリートーク  10月6日(土)14:00~
三瀬夏之介ギャラリートーク 10月13日(土)14:00~
鴻池朋子ギャラリートーク  10月27日(土)14:00~
O JUNギャラリートーク    11月3日(土・祝)14:00~
青山悟ギャラリートーク 11月17日(土)14:00~
会田誠ギャラリートーク 12月1日(土)14:00~

TeNYテレビ新潟アナウンサーと万代島美術館学芸員による「教えて!現代アート」
10月20日(土)14:00~ 大平真理子アナウンサー
11月10日(土)14:00~ 久保田紗也加アナウンサー
※TeNYアナウンサーが美術館学芸員にいろいろ質問。皆さんと一緒に現代アートについて勉強します。
(アナウンサーはいずれも予定です)

※いずれも万代島美術館展示室にて 参加は無料ですが、展覧会チケットが必要です
事前申込は不要です。当日は直接会場にお越し下さい

〈追加決定〉山口晃トーク  11月18日(日)14:00~ (万代島ビル11階NICOプラザ会議室)
※参加は無料ですが、展覧会チケットが必要です。

↓展覧会ホームページ
http://zipangu.org
[PR]
by mag-ryuki | 2012-10-03 20:42